突発性難聴の特徴|いつまでも音を楽しみたいなら

医師

補聴器で改善

診察

難聴にはタイプがあります

耳鼻咽喉科で診察する症状の中でも多くの方に見られるのが難聴です。ひとくちに難聴といってもその種類にはいくつかのタイプがあります。まず外耳道や鼓膜などを傷害することで生じた難聴は伝音性難聴と呼ばれます。伝音性難聴は多くの場合において適切な治療を行えば回復することが多い症状です。また難聴にはほかにも感音性難聴と呼ばれるタイプもあります。この感音性難聴は音を感じる内耳や聴神経に障害が発生して起きる場合や加齢によって音を感じる細胞が少なくなることによって生じます。さらには伝音性難聴と感音性難聴の症状が合わさって起きる混合性難聴など難聴はいくつかタイプに分けることができます。これらの難聴の中でも高齢者に多く見られる難聴が感音性難聴です。この感音性難聴は老人性難聴とも呼ばれ、加齢に伴う自然な現象なので現代の医学では治療が困難となっています。

補聴器医に相談

老人性難聴は補聴器を使用すれば大幅に症状を改善することが可能です。補聴器は医療器具の一つとして指定されているため、その使用には耳鼻咽喉科での聴力検査が必要となっています。新宿の耳鼻咽喉科ではこの補聴器の使用で必要となる聴力検査を行っています。これから補聴器の使用する方はまずは新宿の耳鼻咽喉科で検査を受けてみましょう。また補聴器はその特性上使用に際しては何度も調整を行う必要があります。この調整を何度か繰り返すことによって徐々に耳に合った補聴器となるのです。この補聴器の調整には特殊なノウハウが必要となります。新宿の耳鼻咽喉科ではこの特殊なノウハウが必要となる補聴器の調整を行える補聴器医の資格を持つ医師が多く在籍しています。この補聴器医がいる耳鼻咽喉科であれば補聴器の販売店に向けた意見書なども作成してくれるので補聴器の調整をスムーズに行うことができます。これから補聴器を作成する方は新宿の耳鼻咽喉科で相談してみましょう。