突発性難聴の特徴|いつまでも音を楽しみたいなら

医師

耳のサポートをするもの

女性

耳の形状に合うもの

補聴器は、加齢や病気、怪我など様々な理由で耳の聞こえが悪くなった時にその役割をサポートして聞こえを良くする働きがあります。補聴器を付けることで、聞こえにくかったものが聞こえやすくなり人とコミュニケーションを取るのも問題なく行えたり緊急時にも不便を感じることが少なくなるなどといったメリットがあります。選び方としては、自分の耳の形状に合うつけやすいもので使いやすい物を選ぶことです。耳の形状は人それぞれ違いますが、左右でも微妙に違ってくるので毎日使っていくにはより耳の形状に合うものを使っていく必要があります。購入する前には何度も試着を重ねて長時間使い続けられるものを中心に選ぶようにすることが大事です。

それぞれの特徴を知る

補聴器にも色々な種類があるので、その特徴に合わせて選び方も変えると良いです。耳穴に挿入するタイプの補聴器は、見た目的に目立ちにくく軽くて小さいので電話をする時やメガネをかける時に邪魔になりません。耳にかけるタイプは、幅広い聴力に対応していて機種が豊富なので選びやすいです。ポケットに入れて持ち運ぶタイプは、操作が楽で強い音量も出しやすいという特徴があります。聴力によって選び方は変わりますが、見た目や使いやすさの面でもまた選び方は変わってきます。また、方耳だけに装着するよりも両耳に装着した方が聞こえが良くなる場合が多いので両耳に装着できるタイプなどカスタマイズできるオーダーメイドのものも人気です。