突発性難聴の特徴|いつまでも音を楽しみたいなら

男性の医師

聞こえを改善しよう

シニア男性

補聴器の使い方は生活スタイルに合わせて行うので人それぞれに異なります。補聴器の選定は聞こえの向上以外にも目立ちにくさや壊れにくさを考えて、自分の使い方に合うものが必要です。また、相手の会話を最大限把握しやすくするためには両耳装用がお勧めです。

もっと読む

原因不明の難聴

赤ちゃん

突発性難聴は原因不明の難聴です。感音難聴と呼ばれるタイプの疾患で、何の前触れもなく突発的に発症してしまうのが特徴です。本当に突然、罹患者が耳が聞こえなくなる瞬間を認知できるレベルで突発的に発症すると言われています。罹患率は年々増加しており、十四年の時点で約四万人の罹患者がいます。突発性難聴の発症原因は一切が不明で、ウイルス感染説や血行不良説など様々な仮説が立てられていますが、そのどれもが科学的に立証されてません。厚生労働省が定めた特定疾患の一つに指定されています。突発性難聴がカテゴリーされている感音難聴は、治療困難な難病と言われていますが、幸いな事に突発性難聴は例外的に早期治療によって治癒が可能な疾患です。

突発性難聴の症状は名前が示す通り突発的に聴力が低下する事ですが、両耳に起こるのは稀で基本的に片耳のみ症状が現れます。難聴時に耳鳴り、場合によっては眩暈を起こします。この他の症状としては、左右の耳で音を認識する瞬間にズレが生じるというのがあります。突発性難聴の対策として上げられるのは、適切なストレスの管理です。突発性難聴を罹患する人の多くが、強いストレスに晒されていたり、睡眠不足の時に発症しています。不明な点が多い病気ですので、確実とは言えませんが、ストレスへの有効な対処が突発性難聴の予防に繋がると認識されています。突発性難聴の治療は薬物治療が主流で、一般的な飲み薬として処方されます。また発症から二日以内での受診が強く推奨されます。

補聴器で改善

診察

補聴器の使用に際しては何度か調整を行う必要があります。そのため補聴器の作成にはまずは耳鼻咽喉科で検査を受ける必要があります。新宿の耳鼻咽喉科では補聴器医の資格を持つ医師が常駐しています。これから補聴器を作る方は補聴器医のいる新宿の耳鼻咽喉科で相談しましょう。

もっと読む

耳のサポートをするもの

女性

補聴器は、耳の聞こえを良くしてサポートする働きがありますが自分の耳の形状に良く合うものを選ぶことが大事です。補聴器にもさまざまなタイプがあるのでそれぞれの特徴を知り、聴力や見た目なども意識して選び方を考えると良いです。

もっと読む